借金返済 200万円

MENU

200万円の借金解決法!

200万円も借金があると、
だいたいの方が2社、3社、4社と複数社に渡って借金していると思います!

 

もしかしたらもうA社に借りて、B社に返す自転車操業になっているかもしれませんが、
今行動を起こさないと、
人生終了してしまいます!

 

人生赤信号に近い黄色にいるような状況です!

 

 

これは全然大げさな話ではありません。

 

お金を貸してくれるところがなくなると、
街金や闇金などにも手を出してしまうかもしれません。

 

そうなるともう終わりです!

 

では、どうすれば良いのか?

 

債務整理するべきです!

 

 

債務整理について

 

債務整理は
借金の元本が減らせたり、
金利をゼロにできたりする
救済措置です!

 

ですが、いきなり弁護士事務所に依頼に行くと
まず相談料だけで5000円取られますから、
とりあえず、
無料の借金診断シミュレーターで試してみるのがおすすめです!

 

 

数個の質問に答えるだけで
あなたの債務状況にベストな債務整理方法

債務整理するといくら減額されるか、10秒でわかります!

 

名前や住所を入れる必要がないので、安心ですし、
希望者にはお住まいの地域で債務整理に強い弁護士も紹介してくれるので、
おすすめです!

 

 

http://work5.houritsu-cafe.jp/

 


200万円の借金返済体験談

借金返済 200万円

実は私も200万円の借金を背負った過去があります!

 

当時はまだグレーゾーン金利の時代で、年利が非常に高く、毎月の返済も非常に大変な時代でした。

 

私の借金のきっかけは、遊ぶお金が欲しいからという安易な考えからでした。

 

 

当時24歳の私は、結婚して子供が出来たばかりでお小遣いが月に1万円という状態でした。

 

中々給料は上がらず、毎月カツカツの生活で趣味のパチンコにも行けない状態が続き、
そんな時に友人に勧められたのがきっかけで、消費者金融のキャッシングに手を出しました。

 

それから1年あまりで多重債務に陥ることになり、最終的には250万という借金を抱える羽目になりました。

 

それを返済しようと離婚を決意し、家族と離れてコツコツと借金返済に1年ほど励みましたが、
中々元金が減らず生活がどんどん苦しくなっていきました。

 

おまとめローン申し込んだけど、審査に落ちて
どうしようか悩んでいた時に、自宅に届いた1枚のチラシが債務整理の関しての無料相談のチラシだったのです。

 

東京から弁護士の方が無料で出張相談に来てくれるという事で、
迷わず申し込みをして数日後に初めての債務整理についての相談を受けました。

 

当時の残金は200万ほどあり、弁護士の方は過払い金の請求が出来る任意整理という方法を勧めてくれました。

 

過払い金自体は20万円程度の金額ではありましたが、
200万円の借金が全て無くなるという事でしたので、
すぐに任意整理の手続きを進めてもらうように依頼をしました。

 

それから消費者金融からの催促の電話が止まり、
3ヶ月程度の手続きの末に相手側と和解を
することになります。

 

弁護士の方がきちんとした金利で借金を再計算してくれて、
その結果を消費者金融側に送ってくれます。

 

私は払いすぎた利息が満額ではありませんが、8割程度返済されました。

 

現在は総量規制の法律が出来て、金利も法律で定められた範囲に収まっているので、
以前に比べると借金で苦しんでいる方も少なくなりましたが、
まだまだ多重債務に悩んでいる方がいらっしゃると思います。

 

自分だけで悩むのではなくて弁護士などの専門家に借金の相談をすることで、
借金問題を解決する事にも繋がりますので、
まずは思い切って一度相談をしてみる事をお勧め致します。

 

 

 

http://work5.houritsu-cafe.jp/

 


浪費癖が招いた多重債務…

私は過去に債務整理を経験しました。
原因は、私の浪費癖にありました。昔からお金の管理が得意ではなく、ストレスがたまると買い物に走ってしまう事が多々起きていました。
お店で買い物をする時、特に大きな額をカードで切る時は、気が大きくなっているのが自分でもわかりました。
そうして複数のカードで買い物を重ねるうちに、支払い額が徐々に増えてきて、毎月の給料では返せなくなってきました。
親とは離れて暮らしており、自立したいという気持ちから実家を離れたので、相談するのは気が引けました。
ですが自力ではどうしても返せず、十分に食事が取れなかったりと生活も苦しくなってきたので、法律事務所に相談しました。

 

私が選んだのはCMでも見かける有名な法律事務所で、駅近くのビルの中に支社が入っていました。
こういう場所に入るのは初めてだったのでとても緊張しましたが、受付の女性はとても優しい感じで、事務所の中も仕切りがしてあり、プライバシーはしっかり確保されている状態です。
インテリアとしてお花や絵画も多く、仕切りは多いですが閉塞感はあまり感じず、安心して相談をする事ができました。
私の場合は支払い額がクレジット会社2社で合計20万円ほどと比較的少額だったので、自己破産まではしなくていいとの事でした。少額といっても、毎月2社当てに3万円くらいずつ払っていたので、こうして一度に支払いができない状態に陥ったのですが…。
選んだのは任意整理で、弁護士さんがクレジット会社を和解して、請求をストップするという手続きです。そして、総額20万円に法律事務所への手数料を加算した額を、毎月1万円ずつの分割支払いにおさえてもらいました。
最初は不安でいっぱいでしたが、弁護士さんに「これから一緒にがんばりましょう」と言われて、勇気が出ました。事務所の皆さんは事務の方から弁護士の方まで一貫してとても感じがよく、契約後の電話でのアフターケアも万全でした。

 

ちなみに法律事務所で任意整理などの手続きをすると、クレジットカードの契約は解除されて、信用情報機関、つまりブラックリストに名前が載ります。数年はカードなどを作れなくなってしまうので注意が必要です。
今まで自分の収入に見合うお金の使い方ができていなかったと深く後悔しました。
クレジットカード払いは便利ですが、クレジット=後払いである事を理解していないと、もともと自分がお金を持っているように錯覚してしまいます。
この反省を活かして、これからはお金を大切にして、欲しいものはきちんと計画的にお金を貯めて買おうと思いました。

 

 

http://work5.houritsu-cafe.jp/

 

ギャンブルは人生を狂わす

私が借金地獄になった原因はずばりギャンブルです。私はある有名なT社に総務として働いていました。仕事はそんなに多くないのでいつも定時に帰宅していました。妻とは共働きで、妻はいつも帰宅が遅く、私の心にはどこか寂しさがありました。そしてギャンブルがエスカレートしていきました。麻雀と競艇です。しだいに掛け金が多くなってきました。給料は安くありませんでしたが、ギャンブルに20万以上つぎ込むようになり、次第に不足するようになりました。「次で取り返そう」とやっているうちに消費者金融で借りるようになりました。しかしそれだけではありません。私は大の車好きで、あるT社の高級車を購入。その負担も多くのしかかってきました。消費者金融の審査はすぐに通りました。最大で7社から借りている状態になってしまいました。月々の支払いが25万以上になってしまったのです。遂には妻にも連帯保証人になってもらい、その返済に追われるようになりました。しかし金利の支払いで元金は全く減っていきません。私は、早期退職して借金を埋めようとしました。しかし退職金が思ったより少なく、自宅購入における借金を返済するにはいたりませんでした。遂にどうにもならなくなってしまったのです。妻とはケンカが絶えなくなりました。そして「離婚する」と妻はいいはじめました。そんな時、息子が初めて私達の状態に気が付き、弁護士を紹介してもらいました。弁護士は「債務を整理し、自己破産しか手がない」と言いました。私もその覚悟をしました。というのは、自宅の購入によってまだ債権が2000万以上残っていたのです。しかしそこから奇跡が起きました。私の自宅は田舎で、売却するにも1年以上かかると言われていましたが、その田舎に住む近所の方が、「両親を田舎に呼び寄せるための大きな家がほしい」ということで、自宅を売却することができたのです。それによって私達夫婦は自己破産を免れました。
奇跡が起こりましたが、私達はすべての資産を失いました。本当に後悔しています。

 

 

http://work5.houritsu-cafe.jp/

 

任意整理

私は、当時金融の会社を経営しており、資本金は3億円、月次の販管費が800万円程で、売上が1,000万円〜1,500万円程の状況でしたが、リーマンショックのあおりを受けて売上が激減し、会社での借入が出来ず、一時的な運転資金として個人的に借金をし、会社へ貸付けました。

 

消費者金融や銀行系カードローンから三社、合計で約300万円程。
その他、個人や法人からの借り入れなどを含むと総額1億円程の借金をしております。

 

その後、会社は、さらに売り上げが下がり、資本調達する事が出来ず、廃業する事を決めました。結果として、個人的な借金だけが残る事になってしまいました。無収入で個人的な300万円の借金は本当にきびしいです。

 

最初に弁護士に相談をしましたが、弁護士のすすめで自己破産した方が良いと言われましたが、私が選択したのは、今後の経済活動を考えると、任意整理して再生を図る事を選択しました。但し、任意整理は、消費者金融等に限り、個人からの債務などは、当人との話合いで、返済計画を提出し、納得頂きました。

 

債務整理で利息が減りましたが、減額となったのは消費者金融や銀行系カードローンなどの借り入れ分の利息が減額されだけで、50万程減額されたと思います。

 

当時は生活費する捻出出来ず、再生は厳しい状態でしたが、債務整理して、返済額が固定され、次のステップを考える事が出来ました。一時は、住む場所もなく友人宅や、漫画喫茶などを転々としておりましたが、日払いの仕事をしたりしながら現状を維持する事がやっとでした。

 

ただ、返済額は決して安くはなく、永遠と続くと思うと自己破産した方が良かったのではないかと考えると時もありますが、社会的信用と個人様からの借入を考えると自己破産は出来ず、新たな時間を頂きたいとの思いでチャンスを頂いたと思っております。

 

弁護士の費用は、消費者金融のみ任意整理で5万円で引き受けて頂き、その費用についても月々5,000円で、しかもお金が有る時に払ってくれれば良いよと、元々法人としての顧問弁護士に助けて頂きました。

 

現時点としては、借金はまだたくさん残っておりますが、引き続き返済しながら、友人の助けもあり、新たな事業や新たな生活が確保出来ております。

 

結果として任意整理という選択をしたお蔭で新たな出会いがあり、お金を貸しても逃げないという違った信用を得る事が出来たと思います。結果、任意整理とう選択で間違っていなかったと思っております。

 

 

http://work5.houritsu-cafe.jp/

 

たまたま参加の借金勉強会が自己破産の手続きを後押ししてくれました!

友人と一緒に会社を立ち上げた私でしたが、会社設立から三年ほどは経営も順調で、無借金で経営を行うことができていたのですが、それ以降、だんだんと経営状態が怪しくなってきて、雇っていた社員の給料を払えないような状況になってしまっていました。
それでも会社を応援してくれる人もたくさんいて、資本を投入してもらったりして綱渡りながらも何とか会社を維持することができていました。
でも、そんな感じになってしまうと落ちて行くのは早かったです。
足りないお金を消費者金融などから借り入れをしているうちに、雪だるま式に借金が増えていってしまい、もう経営が維持できないと決断をした頃には、私の借金は1200万円近くになってしまっていました。
会社をたたむまでは気が張っていましたので、借金の取り立ての電話や訪問にも気丈に対応ができていたのですが、会社をたたんでからは、気持ちが切れてしまった状態になってしまい、取り立ての電話などには出ないようになり、自宅にも取り立てが来るので、当時付き合っていた女性の所にかくまってもらうような生活を送るようになってしまっていました。
そのままではいけないとは思っていたのですが、弁護士に相談に行くのも億劫で、何だか電車にでも飛び込んでしまいそうな心理で日々を過ごしていました。
そんな時に、友人が「近くの民商で債務整理の勉強会をやっているからいかないか?」と声をかけてくれ、私はその勉強会なるものに参加をする事にしたのでした。
最初は民商とかよくわからなかったので、あまり乗り気ではなかったのですが、参加者も主催者も本当に親身に相談に乗ってくれる感じだったので、私は民商の会員になって、専属の弁護士さんに借金の整理のお願いをしようという気持ちになっていました。
ネットなどで一見で弁護士を選ぶのは不安ですが、何回もこの勉強会で相談をしている弁護士ならばとても安心して依頼をする事ができました。
報酬も後払いにしてくれましたし、38万円ほどかかった自己破産の手続き費用も全て分割で対応をしてくれました。
何より私は手続きを弁護士に任せっきりにするのが嫌だったのですが、この弁護士は逐一私に手続きのステップや次はどうなるかなどの情報を入れてくれる人だったので、安心もできましたし、私自身が自己破産について色々と勉強をさせてもらったのも良かったです。
無事に免責もおりて私の借金は全てチャラになりました。

 

 

http://work5.houritsu-cafe.jp/

 

どうしようもなくなったら相談するのが一番

車の免許費用、遊ぶお金などで50万円程の借金を2社から借り入れ
仕事をしているうちはよかったのですが、仕事を辞めた後は継続的に払うことが難しくなり
不払い、無視を決め込んでいた所いつの間にか取り立て会社からの連絡に代わり、最終的には司法手続きを行いますという最後通牒じみた手紙に変わった段階でやっとこれはまずい。
どうにかしないといけないが、どうしたらいいかわからない。うんうん悩んでいる所でテレビのCMで相談無料のお知らせが流れ、とりあえず電話をかけて相談してみる事にしました。
当然返さないと言うことはできないが、弁護士さんが間に立って返済計画を立ててくれると言うこと。そして直接会いにきなさいとまで言われましたが遠い場所にあったので丁寧にお礼をいって電話を切り、インターネットで最寄の弁護士事務所を探し同じ内容の相談を行い、そちらに行くことにしました。
弁護士さんが間を取り持ち自分の2社の返済を一本化して少しづつ返済していく任意整理を行ってくれる事となりました。
それほど大きな借金でもないので自己破産、個人再生を行うほうがデメリットが大きい事が債務整理を選択した理由です。
その後は数ヶ月の猶予、弁護士さんが借り入れ会社と話し合いを行い。正式にこのいくらを毎月払って行くかがきまりコツコツと、無理のない返済を行い続け無事に完済できました。
弁護士さんに払った費用は5万円と、それも返済計画の中に組み込まれ支払っていったので元の借金よりも多くの金額を払う事になってしまいましたが、そもそもこのような事態になった原因は自分の無計画、無責任さに因るもので、
どうすればいいか、どうしようとひたすら悩んで逃げるように隠れるように過ごしていたこの問題を解決してくれた報酬として自分は高いとは思いません。
相談に乗って助けてもらえなかったら自分は今頃裁判所に連れて行かれて罪として借金を背負っていたでしょう。
仕事がちゃんと続いていれば問題なく返せていたでしょうが、仕事をクビになりどうしようもなくなって本当にあの当時は困っていました。
債務整理を行った経験は自分の中で少し苦いものでもあり、どんな事柄でも助かる手段はあるという経験、そして計画を立てる事の大切さ、無責任な振る舞いが自分や周りにどれほどの迷惑、よくない状況を作り出すかの教訓になりました。
今はしっかりと支払い終わり。二度と同じ事をしないように肝に命じて過ごしています。

 

 

http://work5.houritsu-cafe.jp/

 

家業を潰さないために自己破産した話

私は現在40代の女性です。独身で結婚経験もありません。私の家は父の代から生花店を営んでいます。場所は東北地方の過疎化が進むような町です。ですので、当然売り上げは年々落ち込む一方です。
私は高校を卒業し、元々デザインやフラワーアレンジメントが好きだったので、そのまま実家の店で働くことにしました。ちょうどまだ日本がバブルの頃でしたので、父は私のためにお店を拡大することを考え、隣町にもう一店舗出店することになりました。そして、そこのお店を私に任せてくれるようになりました。
開店当初はまだ売り上げもありよかったのですが、花やアレンジメントについての知識はあるものの、経営の仕方についてはやはり素人でしたので、苦労の割には売り上げにはつながらないという状態になっていました。
そんな状態でも運営資金を借金して、何とかやりくりしていました。普通なら父の名義で借金するところなのでしょうか、もしものためにと私の名義で借金をしました。もしも、返せない場合でも本店のほうには影響がでないようにという考えがあったようです。
そのようにして自転車操業が何年か続きました。ついに消費者金融にも手を出すようになり、そしてお金が借りられなくなるほどになってしまいました。支払いを催促するはがきだけでなく、営業の人も押しかけるようになり、かなり精神的に追い詰められました。そんな時に、住んでいた町に法律の相談所が開設され、わらをもすがる気持ちで相談に行きました。
弁護士の先生は、お店の債務状況や売り上げの状況を考え、私だけ自己破産をして債務整理をすることを提案してくれました。覚悟はあったのですが、ついに自己破産をしなければいけないのかと落胆したのを覚えています。当然、私のお店も手放すことになり、現在では元々あった本店のほうで働いています。
まだ家族の支えがあったので、何とか生活できていますが、もしそれもなければと思うとぞっとします。

 

 

http://work5.houritsu-cafe.jp/

 

更新履歴