借金返済 200万円

MENU

債務整理とは

銀行や貸金業者でローンやキャッシングを行い、返せなくなった場合はどうすればいいのでしょうか?他社からまたお金を借りて返す、という方法もありますが、それでは雪だるま式に借金が増えていき、利息も増えます。また、今日では「総量規制」といって、借入金の合計が年収の3分の1を超えた場合はどこからもお金を借りれなくなりますので、そのうちに息づまるのは目に見えています。
 そんなときに取るべき手段が「債務整理」です。広い意味で債務を整理する方法は、たとえば残債を借り換えて安い金利の業者に一本化する、というのが考えられますが、そう簡単なことではありません。狭義の債務整理の方法には「任意整理」「特定調停」「民事再生」「自己破産」があります。
 このうち「任意整理」は、債権者と交渉して、返済期間を延ばしたり、元本や利息を安くしてもらう(債務の減免)ものです。裁判外の手続きで行いますが、債権者の協力と債務の減免後の返済資力があるかどうか(確かに返済することができるのかどうか)が問われますので、そんなに簡単なことではありません。
「特定調停」は、裁判所で債務整理のような相談を行うもの、というイメージでしょう。通常は裁判官は関与せず、調停委員がまとめます。任意整理同様に債権者の同意が必要です。
 「民事再生」は、債務の返済計画の見直しや減免を、裁判上の手続きで行うものです。これも債権者の同意が必要です。
 「自己破産」は最も強力で、債権者に「もう返せません」と白旗を上げるのを、裁判所に認めてもらうようなものです。債権を放棄してもらう手段としては効果絶大なのですが、それだけにリスクもあります。